プロフィール

スカリー

Author:スカリー
主婦兼花職人
2匹のトイプー、あんずとボタン
オカメインコのグリコとつくね
メダカ&熱帯魚少々
相棒のモルダーと大阪市内に生息
雑貨好き、料理好き
新しいモノ好き
凝り性・・でも飽き性
オットのモルダーはそんなアタシを
いつも白い眼でみている・・。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

花鳥犬雑な日々
我が家の雑多な気まぐれ日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うーん
だいぶ元気になったあんずとボタンを連れて
夏恒例の妹宅でのご飯会、お盆の日帰り実家巡り。
もう、どこでも大ハシャギのあんボン。
でも、術後間もないせいか
帰ってから1~2日はグッタリ寝たきりのあんずさん
ハシャギすぎて疲れたね~
元気になったし、この夏中にはキャンプを・・と予定してたけど
まだちょっと無理かなあ・・


20060808015503.jpg


スポンサーサイト
もしかして・・
20060816160436.jpg


良いコのつくねちゃんは
先住鳥のグリちゃんの威嚇にもめげず
超・マイペースですくすく育っています。
ヒナ換羽もたぶん終了したと思われるので
このキレイな羽のパール模様を見る限り
女のコ・・のはずなんですが
なんだか最近、ごにょごにょなんか喋ったり
ホーホケッキョッと叫んでたりしいるのです
(たぶん、グリちゃんのマネ!)
確か、お喋りするのは男のコのハズ・・
・・もしやつくねちゃん、アンタもしかして男のコ??


まんまぱっぱ
20060807003756.jpg

全然リアルタイムでないですが
無事退院したsnkちゃんと義妹のYちゃんと、ひっさびさに
ランチして来ました。
和泉市にある『mamma pappa』
以前、あんずも登場した犬服カタログの
ロケにも使われたレストランです
入り口も、グリーンいっぱいでとっても素敵

20060807003818.jpg


お昼のコースを満喫
美味でこざいました

20060807003919.jpg


7月の出来事 2
あんずは、以前よりかはスムーズにオシッコが出るようになったものの
たまにすんごく気合入れてトイレで気張ったわりには
思ったより量が少ないし、回数も多い気がする
そんな様子を見てると不安になってしまう。

悩みに悩んだ結果、腎臓に負担がかかる前に
勧めてくれる先生を信じ、やはり手術をお願いする事にした。
一番の心配は麻酔によるアナフィラキシーショック。
でも、一度麻酔をかけているので、体質が変わっていなければ
まず心配はない・・と思う。
先生も経験豊富で評判もいいし、きっと大丈夫よね・・
とダンナと二人でお互いに言い聞かせる。

手術の日、仕事も手につかず、
あんずを抱っこしたままウルウルしているダンナは
「おとうさんの方が心配やなあ」と先生に言われ、ちょっと苦笑。

「夕方の診察時間には、麻酔から覚めてるでしょうから
 会いに来てあげて下さいね」
昼前に預けてから、夜、会いに行くまでの数時間の長かったこと。

そして、あんずと同じ日、友人のフォトグラファーの妻
snkちゃん自身も手術をすることになっていた。
もう、ダブル心配で私も何も手につかない。

夜、病院に会いに行くと点滴された前足に、青いホータイを巻き
あんずがケージの中でぼーっとしていた。
が、私たちを見つけるやいなや
ひゃいんひゃいんと鳴き出した。

『何やねーん、何でこんなトコにいれられてんのよお!
 そんで、なんかお腹もヘンやしい~!出せー!』
・・と文句を言ってるみたいだ(笑)
よかった~!
とにかく傷も思ったより小さく、元気なあんずをみて
ホッとした。

snkちゃんの手術も無事に成功と友人から聞き
ほんとに安心した。全身から力が抜けた。

あんずは、ナゼか病院では良いコで
傷口を舐めることもなく、療法食もたいらげ
淋しがって泣くこともなく、夜は爆睡していたそうだ。
先生が「入院患者(患畜!?)の中で一番良いコですわ 
オシッコも順調だし、この様子なら早いめに退院出来そうですね」
・・と言ってくれた。

それから3日で退院出来、抜糸も無事に済み
回復に向っている。
今はまだハードに遊んだり出来ないけど、
以前とは見違える程、オシッコの出もすこぶる良くなった(~o~)
悩んだけれど、本当に手術してよかった。

まだ、股関節形成不全の問題はあるが
とりあえず、先日から結石のサプリとともに
関節用のサプリも飲みはじめた。
ご飯も制限付きの療法食だけれど
しばらくはこれであんずに頑張ってもらおう。

近所の友達や、いつもあんぼんと遊んでくれるその子供たち
Yちゃん、snkちゃん、トンちゃんママ、
ポンちゃんのパパ&ママ、心配かけてごめんね。
それから、ちーちさん、あんずのお見舞いにと夕方ふらりと来て
さりげなく置いていってくれた、ワンコ型の氷枕。
あんずはずーっと気に入って使わせて頂いてます
しんどかった時も、今お昼寝する時も
くわえて傍に持っていってます(笑)
ありがとうね

ご心配おかけした皆様、本当にありがとうございました

20060807003735.jpg
みんなありがとう

7月の出来事 1
暑中お見舞い申し上げます

ほぼ、2ヶ月も放置してしまった・・
毎度まいどごめんなさい。
その間、うちの7歳になるトイプーのあんずが
病気になり、ドッと疲れてしまいました。

朝、起きてみると部屋のそこらじゅうに嘔吐した跡と
点々と続く、オシッコらしきものの跡。
部屋の隅っこで、ブルブル震えてるあんずを見て
うう~コレは普通やないと即、病院へ。

膀胱炎と診断されたけれど、夜急に様子がおかしくなって
違う病院に行ったら、膀胱結石と診断された。
しかも、全然自力でオシッコが出なくなっていて
人間も犬も同じです、2日オシッコがでないと
かなり危険な状態と言われ、私もダンナも頭が真っ白に・・

でも、先生の適切な処置のおかげでとりあえず
一命はとり止め、それからは少し元気も取り戻した。

しかし、この結石のために撮ったレントゲンで、また新たな病気が見つかったのだ。
「股関節形成不全」
後足の付け根の関節が、キチンとはまっていない病気で先天性のものだそうだ。

大型犬では歩けなくなるくらい、重症になる場合もあるが
あんずの場合は、コンドロイチンなんかのサプリで症状を抑える方法もあるらしい。
でも、いずれにしても
完治するには手術しかないそうだ。

仔犬の時から走るのが大好きな、元気印のあんず。
今でも広い野原へ行くと、突然スイッチが入ったようにダッシュするくらいなのに・・

でも、そういえばここ1~2年、散歩中に急に歩かなくなったり
階段上らなくなったりすることがたまにあった。
先生に言うと、「きっと痛みがあったんだと思います」
ボタンにヤキモチ焼いて、甘えてるのかなと思っていた。
ごめん、本当にごめんね、あんちゃん。
ああ、飼い主失格・・。

結石の方は、あれから自分で尿と共に少し石を排出したけど
(出す時、かんなり痛かったと思う・・涙)
エコーでみるとまだ小さいのやら大きいのがかなりある。
あんずの尿のpHは8.8とかなりのアルカリに傾いていた。
食事療法で石が溶けるのを待つ間に
またいつなんどき石が尿管を塞ぎ、危険な状態になるかもわからない。
先生は「体力が回復している今のうちに、手術した方がいいですね」・・と言った。

数年前に避妊の為に手術をし、もしかしたら股関節の手術もしないといけないかもしれない。
なのに、また今ここで手術をするのはあまりにもかわいそうだ。
でも、もしまたこないだのようになったら・・

決断出来ずにいる私たちに、先生は、
「手術自体はむつかしくはないです。1時間ほどで終わりますよ
 でも、最終的に決めるのは、飼い主さんですから
 数日お考えになってお返事下さい」

はぁぁ~、そういうのが一番困るのよ、悩むのよう・・・。

20060807003716.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。